確定申告が必要な人とは?白色申告と青色申告の違い

アフィリエイトで収入を得ている方で、次のいずれかに当てはまる人は確定申告をしなければなりません。

ここで注意しなければならないのは、所得=収入ではありません。所得とは収入(売上)から必要経費を差し引いた金額のことです。年間とは1月1日~12月31日までの期間です。

例えば、サラリーマンがアフィリエイトで年間25万円の収益を得ていたとしても、年間の必要経費が5万円かかった場合はその年の所得は20万円となるため、確定申告は不要となります。

ただし、何でも経費に計上していいわけではなく、あくまでもビジネスのために(アフィリエイトならレンタルサーバーやドメイン代など)使ったものだけ経費に計上できます。

確定申告が必要な人

給与所得者(サラリーマン・アルバイトなど)

アフィリエイトなど本業以外で年間20万円を超える所得がある人は確定申告が必要です。20万円以下の人は確定申告は不要です。

給与以外で収入を得ている人(主婦・学生・無職など)

給与を得ていない人でアフィリエイトなどで年間38万円を超える所得がある人は確定申告が必要です。38万円以下の人は確定申告は不要です。

上記以外でも住宅ローン控除1年目や医療費控除などで確定申告を行う場合は所得の申告が必要です。
ここでいう収入はアフィリエイトだけでなく、例えばオークションで収益を得た場合も収入に含めなければなりません。

事業所得と雑所得の違い

アフィリエイトの収入が継続的に一定額ある人は事業所得で、継続的にない人は雑所得で申告します。事業所得で申告する人で事前に「青色申告承認申請」を提出し、承認を受けた人は青色申告、受けてない人は白色申告です。

明確な基準はありませんが、アフィリエイトで生計を立てていく人は事業所得、給与収入で生計を立てている人やアフィリエイトで継続的に一定額の収入がない人、アフィリエイトは副業でお小遣い稼ぎ程度であれば雑所得で申告するといいでしょう。

白色申告と青色申告の違い

白色申告は簡易的な帳簿付けが認められており、現金主義で記帳するのに対し、青色申告は簡易簿記と現金式簡易簿記、複式簿記の3種類があり、簡易簿記、現金式簡易簿記では10万円控除、複式簿記、つまり難しい方法で帳簿付けすると、65万円が控除されます。現金式簡易簿記は現金主義、それ以外は発生主義で記帳します。

白色申告は帳簿付けが簡単なかわりに控除がありません。以前は白色申告は帳簿の保管義務がなかったのですが、今は白色申告でも帳簿の保管義務があるので、白色申告にするメリットはほとんどありません。控除額が増えるということは節税になりますので、青色申告(65万円控除)がおすすめです。ただし、事前に「青色申告承認申請書」を期限内に提出する必要があります。

現金主義と発生主義の違い

現金主義とは収入や支出があった日に記帳する方法のことで、発生主義とは収入や支出が確定した時点で記帳する方法のことです。

例えば、3月1日に事業で使うレンタルサーバー代をクレジットカードで支払い、4月20日に口座から引き落とされたとします。現金主義では口座から引き落とされた日(4月20日)に支出として記帳するだけですが、発生主義では取引が発生した日(3月1日)と実際に口座から引き落とされた日(4月20日)の2度記帳する必要があります。

収入の場合も同様です。例えば、アフィリエイトで3月分の収益が翌月4月20日に振り込まれたとします。現金主義では実際に口座に振り込まれた日だけ記帳すればいいのですが、発生主義では収入が確定した日と実際に口座に振り込まれた日の両方を記帳する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

同性愛者。対人恐怖症・視線恐怖症あり。引きこもりニートから個人事業主になりました。主にアフィリエイトが収入源です。毎年きちんと納税していますが、まだ一人で生活できるほどは稼げていないので、一人暮らしできるほど稼いで自立・成長するのが目標です。